アニメーターの仕事をする上での注意点

アニメが大好きで、自分もできるならばアニメーターの道に進みたいと思っている人は多いです。そのような場合はどうすればいいのかを考えてみましょう。他の分野と同じように、アニメーターになるためにはやはりそれに特化した勉強が必要です。趣味で描いたものがそのままアニメ業界ですぐに通用することはなかなか難しいし、アニメ制作におけるルールというものも日進月歩で変わってきますので、その業界に詳しい方の元で勉強を積むのが一般的でしょう。勉強する場合には、通信教育のように教材を購入して自己管理しながら勉強をする方法や、専門学校などに通って勉強する方法もありますが、アニメ業界の関係者が生徒を募集して開いているセミナーで学ぶ方法もあります。ご自分に合う方法で好きなことを勉強するのが長続きできることに繋がるでしょう。

アニメーターになるためのセミナーを活用する時は

アニメーターになるためにセミナーを活用して学びたいと思う人も多いことでしょう。アニメ業界の盛り上がりを示すように、多くのセミナーが毎年開かれていてそれぞれに特色もあります。自由観覧型のセミナーもあれば、有名クリエーターから講義を実践で受けられるワークショップ形式のセミナーもあります。事前によく調べてご自分に合ったところを選びましょう。参加費に関してや、誰が講師陣なのかとか開催される場所などといったことは、告知が早い段階でされているものです。人気のある著名クリエーターやアニメ監督などが呼ばれているセミナーなどもありますので、参加を希望するのでしたら満席になってしまわないように気をつけましょう。自分と同じアニメーターへの志を持っている人達と一緒に受講をすると、きっと良い刺激にもなることでしょう。

アニメーターの仕事をする上で大切なこと

昔と違い、アニメの制作現場では2D作画や3DCGを活用することが欠かせなくなっているので 、パソコンでの作業がメインとなってイラスト専用のソフト等を使いこなせることが要求されています。アニメ創世記での絵筆を頼りに制作していた時代とは異なり、IT方面の知識がアニメーターにも求められる事が必然なのです。使うソフトウエアも制作会社によって違うでしょうし、制作過程も各社によってさまざまでしょう。どのような制作現場に行っても、ご自分が臨機応変に対応できる能力を身につけておかないと、時代についていけないということにもなりかねません。またクリエーターである以上はご自分の感性を磨く努力も必要です。夢と現実の狭間の中で時には迷うことがあったとしても、アニメに向けてのご自分の熱い思いを信じて、良い作品を生み出していくエネルギーを持ち続けることが、アニメーターの仕事では大切です。