アニメーターになるための基礎知識

今、若者世代に非常に人気のある職業のアニメーターですが、どのようにしたらアニメーターになれるかを少しお話します。アニメーターは特別の資格や学歴は必要ありませんが、人より少し絵が上手だとかではなる事は難しいと思います。そこでデッサン力や画面構成力など、プロとしての基礎を勉強するには学校に通うという方法が有ります。学校にはアニメの専門学校とか、美術系の大学が有りこの中にはアニメーション学科の有る大学も有ります。また勉強する期間は1年制、2年制、4年制などが有って雰囲気やカリキュラムが異なるので、比較して良く検討することが大切だと思います。そこを卒業してから、アニメーション制作会社やスタジオに就職すると言う事になります。もちろん学校へ通わずに独学で技術を高め就職すると言う方法もないわけではありません。

アニメーターの仕事としては、どのようなものが有るか

さてアニメーション制作会社などに就職できても、すぐに動画を描いたり、ましてや制作に関わったりする事は出来ません。まず初めは原画と原画の間の絵を描く動画マンと言う仕事です。この仕事には繰り返し作業に耐える忍耐力、長時間労働に耐える体力が必要ですし、給料が安いと言う問題も有ります。次のステップとして原画マンと言って原画を描くことができるようになります。原画マンには、センスやデッサン力や描くスピードの速さなどが要求されます。最後が作画監督と言う全体を取り仕切る立場の仕事となります。ことに動画マンの頃はたくさんの絵を描いて自分の技術を向上させる事と、アニメーターになりたいと言う強い気持ちを持っていないと、途中で気持ちが折れてしまうなどと言う事になりかねません。アニメーターの方達へのアンケートでも、やりがいはとてもある仕事だけれど、給料や時間や安定性などの将来性に不満をお持ちの方も多いようです。

アニメーター専用のセミナーを受けるメリット

この頃ではアニメーションの美しさに思わず感動してしまう程ですが、3DCGアニメなど新しい技術がどんどん取り入れられてきています。今やアニメーターは絵が描けるだけではなく、ソフトを使いこなせる、または新しい技術を勉強していかないと乗り遅れてしまいます。そこでセミナーがあちこちで開かれ、それを受講することでレベルアップ出来たり、絵を描くノウハウも勉強出来たり、セミナーにも寄りますが業界の裏側を聞けるチャンスなども有って、セミナーの受講はいまやとても重要です。セミナーには有料のものと無料のものが有ります。会社によっては有料のものの費用負担をしてくれるところも有りますので、相談してみると良いと思います。またアニメ制作に関わっている方ばかりでなく、アニメ業界に就職を考えている方などにもお勧めしたいです。