アニメーターになるために身に付けたいこと

日本のアニメーションは海外でも高い評価をされており世界中で人気を集めていますが、そのアニメを支えているのが『アニメーター』と呼ばれる職種です。アニメーターは一つ一つのコマを動かしていくことで創り上げられるアニメーションのコマを作画していく仕事で、大きく分けて脚本家や演出家の意図を読みとりアニメーション全体の動きをポイントごとに作画する『原画マン』と、原画マンが作画した原画の細かい動きを作画する『動画マン』の2つに分けられます。アニメーター業界では、まず動画マンの仕事から始まり、経験や実力が認められると動画マンとしても仕事ができるようになります。そのため、アニメーターの仕事はアニメーションが好きなのはもちろんのこと、絵を描くのが好きな方にも向いている職業だといえます。

フリーランスにおけるアニメーターの現状

一つ一つの作品の間に期間が開くことも多く、仕事をしない期間も発生するアニメーター業界では、フリーランスが正規雇用の割合を現在は上回っていると言われています。その理由はアニメーターだけでなく現場監督や脚本家など数百人がひとつの作品に携わるアニメ制作現場にあります。アニメーター業界では経費削減のためフリーランスの採用も多くなっています。また、フリーランスの場合は正規雇用とは異なり歩合制となるため、仕事の出来やこなした回数などによって毎月報酬も変動するため、駆け出しの頃は報酬が少ない場合も珍しくありません。しかし、仕事のクオリティが認められればその分収入アップに繋がるフリーランスは休日や勤務時間などにも縛られず作業を行うことができるというメリットもあります。また、最近ではフリーランスのアニメーター同士が集まって仕事を行う集団スタジオも続々と増えてきており、フリーランスの仕事の幅も変わりつつあります。

アニメーターになる前に身につけておきたい心得

アニメーターの仕事で一番大事なのは画力で、鉛筆画が基本となるアニメーションでは鉛筆を使ったデッサンやレイアウト等基本的な知識や技術は身につけておく必要があります。また、最近はこれまで主流であった鉛筆を使って作画するアナログ式のアニメーション作成だけではなく、動画編集ソフトを用いて編集作業を行う場合も少なくないため、作画したものを動画にあげていく際にはパソコン上でのペイントスキルやイラスト作成ソフトの知識も備えておくこともこれからの時代は必要となってきます。その他にも、いかに信頼を築きスピーディーに仕事ができるかという点も非常に重要で、今後の成長を見込んでパソコン作業を覚え、現場で実際に多く使われているソフトの操作方法なども学んでおくと個人の受注拡大にも繋がっていくでしょう。