おすすめのアニメーターをめざすためのセミナー

アニメーターは、アニメーションの基になる絵を描くことが仕事です。アニメーションは非常に多くの絵から成り立つものであり、それらの1枚1枚の絵を描いているのがアニメーターです。動画のポイントになる絵を描くのは原画マンで、その間にあるコマを描く人は動画マンと呼ばれます。アニメーターになると、最初は動画マンからスタートし、スキルアップして実力が認められるようになると原画マンの仕事をしていくようになります。さらに実力が認められれば、作画監督という仕事もあります。これは、原画マンと動画マンによって描かれたキャラクターのばらつきを直していく仕事です。海外の場合は、そのキャラクターによりアニメーターが割り当てられますが、日本の場合はカットによって割り当てられるため、人によってばらつきがあります。

アニメーターになるために必要なこと

アニメーターになるために、必要な資格や学歴などはありません。最も必要なことは、プロとして仕事を行うための画力です。しかし、画力だけあれば良いかというとそうではなく、デッサン力や画面構成力なども必要なため、単に絵が上手というだけでは勤まりません。画力を向上させるのに独学だけでは厳しいため、学校に行くという選択肢を選ぶ人が多いです。高校卒業後にアニメーションの専門学校や美術系の大学、アニメーション学科がある大学を選択すれば、アニメを描く上での基本的なスキルを身に付けられます。専門学校はアニメーターになるための技術を効率良く身に付けるのにおすすめです。一方、大学はアニメ以外の道が開ける可能性もあります。アニメーターを目指すなら、専門学校を卒業して業界に入るのが最も近道です。

アニメーターになるために知っておきたいこと

アニメーターになるための年齢制限はありませんが、採用の目安を20代半ばまでとしている会社が多いです。下積みから始まるため、スタートの年齢が高いと収入や体力面で不安があります。アニメーターになるための学校を卒業していれば必ずなれる訳ではなく、最終的に自分の画力がどれくらいあるかが物を言います。そのため、アニメーターになりたいのであれば、アニメーターになるのだという強い気持ちと普段から多くの絵を描いておくなどの画力が必要です。アニメーションを制作する現場は過酷です。絵を描くことが好きで、繰り返しの作業をコツコツと行っていくことができる人でないと、勤まりません。最近はCGを駆使したアニメも増えてきていますので、専用ソフトを使いこなせるスキルも身に付けておきたいものです。

実際にアニメ作品の制作現場から様々なアニメーターを講師に招き、アニメ制作の様々なプロセスや要素を学んで体験する機会をご提供致します。 アニメ業界のヒットメーカーのアニメーターを特別ゲストとして招くこともあります。 監督の伊藤智彦のセミナーの受講料は1回の受講につき各6.000円(税込)になります。(全2回開催) アニメーターのお仕事を目指す方はこちらをチェック!